アレキサンダーファン
2005年12月掲載
イメージ 技師話人伝 Vol.2
アレキサンダー社で働く人々を紹介するコーナー「技師話人伝」
あなたの楽器のスライドを加工したのは?組み立てたのは?ラッカーをかけたのは?
はたまた梱包したのは?このコーナーを読めば楽器への愛着が更に湧くこと間違いナシ!!
Christian Bruck Christian Bruck
今回は部品製造担当のChristian Bruck氏。いつも皆さんがチューニングに使っている抜差し管も彼の手によるもの。Christian Bruck氏をはじめ熟練の職人により丹念に製造された部品ひとつひとつに私達アレキサンダーホルンユーザーは毎日お世話になってるんですね!Christian Bruck

●氏名
Christian Bruck

●生年
1968年生まれ

●アレキサンダー社でのキャリア
楽器製造。1984年8月から3年間「徒弟」として修行を積む。1987年から「楽器製造職人」としてアレキサンダー社に勤務。

●アレキサンダー社で働き始めたキッカケは?
アレキサンダー社が日々の業務において従業員個々人の考えを優先してくれる当時では非常に革新的なファミリーカンパニーだったからです。

●主に担当している業務は?
部品製造です。特に抜差し管の製造を担当しています。

●アレキサンダー社での仕事を通じて最も興味深い出来事を教えて下さい。
楽器製造においては非常に重要な「進化すること」に常に取り組んでいるアレキサンダー社がドイツ楽器賞をはじめ数々の有名な賞を受賞していることです。それを誇りに思います。

●楽器は演奏しますか?
ギターを弾きますね。あとはドラムも少しだけ叩きます!

●趣味は何ですか?
音楽も良く聴きますし、スポーツもよくやります。時間があればPCゲームをしたり、映画を観に行ったりしています。

●AHOCメンバーにメッセージを!
アレキサンダー社製品が日本で大人気であることが嬉しいですし、誇りに思っています。今後も同じように皆さんに喜んでいただけるよう、また私の担当である部品も最高の物をお届け出来るようベストを尽くします。


↑ ページトップへ戻る


ALEXANDER HORN OWNER'S CLUB (C)アレキサンダーホルンオーナーズクラブ事務局 All Right Reserved.